天日歯科医院
     
  診療内容(一般歯科)虫歯・予防・歯周病義歯

診療内容(自費診療)インプラント・矯正審美歯科・ホワイトニング

スタッフ紹介院内案内治療Q&A

 
     
     
  義歯



多くの歯を失った場合に用いられる治療法で、
いわゆる着脱できる「入れ歯」のことです。
保険適用の場合は、ピンクの床が厚くなり違和感を感じやすく、慣れるまで時間がかかり、天然歯と比べて、咀嚼効率が1/3程度しかないのが難点です。入れ歯が外れないように、部分入れ歯の場合は、残っている歯にバネをかけますが、バネが目立って不評でした。そして、残った歯に強い力がかかるため、バネのかかる歯がグラグラしやすく、寿命を縮めていました。



見た目と咬む力も大切にした義歯治療を心掛けています。
義歯は、咬み合わせが合わなければ、食べ物がきちんと噛めず肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、義歯が適合せず、入れ歯がすぐに取れたり、歯茎が痛いなどさまざまです。当院では、見た目はもちろん 咬む機能( 咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう力を注いでおります。


     
 
レジン床義歯(保険適用)
軽く修正しやすいですが、逆に強度的に弱く壊れやすいです。熱伝導性が悪いので熱が伝わらず、食物の味も落ちます。また金属で制作するよりも厚く、自分の歯に金具(バネ)をひっかけることになりますので、審美的にも悪くなる場合があります。
 
ノンクラスプデンチャ― (保険適用外)
金具のバネがなく、審美性に優れています。装着した時は、義歯とは瞬時にわかりません。弾力性の高い素材を使用するので、薄く仕上がり適合が良くなります。金属アレルギーの心配もありません。
 
コバルトクロム金属床義歯(保険適用外)
強度な義歯で、熱伝導率も良く、金属のたわみに強い素材です。チタンに比べると重く、金属アレルギーの方には禁忌です。
 
チタン金属床義歯(保険適用外)
生体親和性のあるチタンを使用し、軽くて薄い、非常に強度ある義歯です。チタンの熱伝導率が良いので、自然な温度を感じ、食物の味もほとんど自然に味わえます。
 
磁石を使用した義歯
金属のバネのかわりに、磁石の引っ張りあう力を利用した入れ歯です。

■磁石方式の義歯のメリット

●装着・取り外しが簡単。
残っている歯に引っかける、わずらわしいバネなどがないので、簡単にカチッと装着・取り外しが行えます。
●入れ歯であることを感じさせない装着感と審美性。
装着中はコンパクトながら強力な磁石により、ずり落ちることなくガッチリと固定されますので、思う存分食事や会話を楽しめます。また、バネがないので見た目もすっきりと自然です。
●お手入れは簡単、手間いらず。
お手入れは普通の入れ歯と変わりません。シンプルな構造なので、食べカスがつまりにくく、清掃も簡単に行えます。
白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。このアセタル樹脂は従来の歯科用レジンと比較して、以下のような点が優れているので、白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)のバネとして使用出来るのです。

・強くて柔軟性があり、噛み合わせに合わせてたわむ。
・耐疲労性が高く、金属のバネに比べて、装着間も快適。
・生体適合性が高い。
・耐殺菌性で汚染しにくい。
・従来の歯科用プラスチックのように、気泡が出来にくく、臭いが付きにくい。

従来の金属のバネの入れ歯
写真は、一般的に部分入れ歯に使われる金属のバネです。今までは、お口の中の詰め物や被せ物を白いものに変えても、最後に部分入れ歯を入れると、金属のバネが見えて、審美的に満足のいかない場合が多くありました。
 
白いバネに変えた入れ歯
写真は白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)に変えたところです。金属のバネに比べて、とてもきれいになりました。


 
 
 
           
 
歯科・歯医者への相談・検索
「歯のねっと」
歯科・歯医者への相談・検索「歯のねっと」
   
■標榜科目
 歯科/小児歯科/矯正歯科
■治療科目
 一般歯科/インプラント/矯正歯科/審美/ホワイトニング/予防歯科
■治療方針
 歯を抜かない、削らない治療を目指しています。保険診療を中心とし、
 ご要望があれば、自費診療にも対応できる最新設備を整えています。
 
           
       
Copyright(c) TEN NICHI Dental Clinic All Right Reserved.