天日歯科医院
     
  診療内容(一般歯科)虫歯・予防・歯周病義歯

診療内容(自費診療)インプラント・矯正審美歯科・ホワイトニング

スタッフ紹介院内案内治療Q&A

 
     
     
  治療Q&A


 
虫歯になる原因は何ですか?
 
歯の質・虫歯菌・食べ物の3つの要素が重なり合って虫歯の原因となります。これらの3要素が重なる時間が短ければ虫歯になる可能性は低く、長ければ虫歯ができやすくなるのです。
【虫歯のページへ】
   
 
虫歯予防には何が効果的ですか?
 
歯科医院で自分に合った予防方法を相談しましょう。虫歯予防には、規則正しい食生活と歯みがき、歯の質を強くするフッ化物の利用、歯の定期的な健康診断(虫歯、歯ならび、正しいみがき方のチェック)、キシリトールの効果的な利用などが、重要です。ただし、虫歯になる原因は人それぞれ違いますので、歯科医院で自分に合った予防方法を相談しましょう。
【虫歯のページへ】
   
 
虫歯はないのですが、冷たいものがしみます。何でしょうか?
 
象牙質知覚過敏症と思われます。歯茎の退縮が起こり、歯の根元が露出すると起こりやすくなります。象牙質知覚過敏症は温度による刺激の他に、酸(酸っぱいもの)による刺激やブラッシング時の機械的刺激が加わると痛みが生じます。
【虫歯のページへ】
   
 
被せ物などをした歯は、一度治せば大丈夫ですか?
 
治療が終了してもその後のメインテナンスが大切です。口の中が不潔な状態のまま放置すると、二次カリエス(二次の虫歯)を引き起こすします。再発させないためにも日ごろのブラッシングは大切です。
【虫歯のページへ】
   
 
虫歯になった場合は、神経を取らないと治らないのですか?
 
初期の虫歯であれば、神経をとる必要はありません。重度に進行した虫歯の場合は、神経を抜く必要があります。最悪、歯を抜かなければならない場合もあります。
【虫歯のページへ】
   


 
口臭がありとても嫌です。原因は何ですか?
 
口臭の原因としては、消化器系の疾患、虫歯、歯周病、臭いの強い食べ物などが上げられますが、殆どが口の中に原因があるといわれています。その中でも歯周病が一番多い原因と言われています。あまり心配であるならば一度歯周病の検査をお勧めします。
【歯周病のページへ】
   
 
ブラッシングはなぜ必要ですか?
 
プラークを取り除きお口の中の細菌を減らすかが、歯周治療の重要なポイントです。そのため、歯周治療にとってあなたの毎日のブラッシングは単なる「ケア」ではなく「治療」です。歯科衛生士に正しいブラッシングを習いましょう!
【歯周病のページへ】
   
 
なぜ歯石を取る必要があるのですか?
 
プラークが付きにくい、よい環境をお口の中に作ることは歯周治療の大切な基本です。歯石は、軽石状で細菌が入り込みやすく、細菌のかっこうの巣になっているので、歯石を取り除くことによりプラークが付きにくい環境にするのです。
【歯周病のページへ】
   
 
ストレスが歯周病の原因になるって本当ですか?
 
心の疲れは、免疫力を低下させます。またストレスは、ときに歯ぎしり、食いしばりなどの行動となってあらわれます。歯に加わるこうした過剰な力は、歯周治療の大きなリスクになります。
【歯周病のページへ】
   
 
たばこは歯周病に悪いと聞いたのですが影響あるのでしょうか?
 
たばこは血管を収縮させ、血行を悪くし、免疫力が低下します。たばこは歯周病の天敵です。
【歯周病のページへ】
   


 
歯ブラシだけの歯磨きではダメなのですか?
 
虫歯や歯周病にならない為の予防方法は、しっかり「歯磨き」することです。お口の中に広がる汚れは、しっかりとしたお手入れ法を身につけていれば、「歯ブラシ」と「フロス」で十分に落せるものです。当院では正しいブラッシングの方法も指導いたしますので、お気軽にご相談ください。
【予防歯科のページへ】
   
 
予防歯科ってなんですか?
 
検診やPMTCなどを定期的に行い、虫歯や歯周病にならないようにすることが予防歯科です。
【予防歯科のページへ】
   
 
クリーニング(PMTC)は自分でする歯みがきと何が違うのですか?
 
虫歯や歯周病などを引き起こすほとんどの原因となるのが、ミュウタンス菌の作り出す「バイオフイルム」という膜です。これは歯みがきでは除去できません。PMTCでは、歯ブラシとはまったくちがう、ゴム製の特殊な機材を使うため、この膜を破壊できます。
【予防歯科のページへ】
   
 
クリーニング(PMTC)に痛みはありますか?
 
予防歯科診療に痛みはありません。万が一、歯石をとる時に、しみるようであれば、無痛麻酔を行います。
【予防歯科のページへ】
   
 
予防歯科はどんな人が受けたほうがいいのですか?
 
過去に虫歯や歯周病の治療を受けられた方はもちろん、現在問題がない方も10年、20年先のお口の健康を考え積極的にお受け下さい。お子様の「強い歯育て」にも役立ちます。
【予防歯科のページへ】
   


 
入れ歯がすぐに外れます。
 
顎が小さくなったか、入れ歯があっていないのです。入れ歯を長時間入れておくと、顎の骨はやせ衰えます。顎が小さくなると安定が悪くなり、入れ歯は外れます。歯科で調整してもらうか、市販の入れ歯用安定剤を使用しましょう。
【義歯のページへ】
   
 
入れ歯にしてからよく噛めません。
 
噛む力が弱くなるためです。入れ歯の場合は通常の歯の30%くらいしか咀嚼能力がありませんので、非常に噛みづらいと思われます。咀嚼能力を上げることも可能ですので、ご相談してください。
【義歯のページへ】
   
 
入れ歯が汚くなるのは?
 
汚れがつくからです。食事の後は歯ブラシなどで丁寧に入れ歯を磨いてください。週に1〜2度は市販されている酵素入り「入れ歯洗浄剤」を使用してください。入れ歯は汚れが付きやすいためしっかりと洗浄しましょう。
【義歯のページへ】
   
 
入れ歯にしたら味がしないのはなぜ?
 
大きな入れ歯や厚みがある入れ歯にすると味がしなくなることがあります。入れ歯は異物ですから、舌の運動を妨害します。このため、発音障害や味覚障害が現れます。
【義歯のページへ】
   
 
入れ歯の金具が邪魔です。
 
金具のない入れ歯もあります。入れ歯の金具は、食べ物をかんだり発音時に外れないように必要最小限の部品です。金具が気になる方は、金具を必要としない磁石式入れ歯やフレキシブル義歯にしましょう。歯がない方はインプラント義歯にすると良いでしょう。
【義歯のページへ】
   


 
インプラントの手術は痛いのですか?
 
インプラントは局所麻酔下で埋入するため、術中まったく痛みはありません。術後は数日間腫れることもあります。また術後の痛みが、少し出ますが処方する鎮痛剤で対処することが出来ます。
【インプラントのページへ】
   
 
インプラントをするのに禁煙しなくてはいけませんか?
 
禁煙されることを強く推奨します。タバコは創傷治癒を遅らせ、長期的に見れぱ症状を悪化させる恐れがあります。
【インプラントのページへ】
   
 
本当に自分の歯のような感じで めますか?
 
インプラントは、骨の中に埋入することで、自分の歯のように咀嚼したり、外見を気にすることなく話したり、笑ったりすることができるのです。以前あった皆さんの歯と、まったく同じ役割を果たしてくれます。
【インプラントのページへ】
   
 
インプラント治療はだれでも受けることが可能ですか?
 
一般的に顎骨成長期の子供でなければ可能です。生活習慣病(糖尿病・高血圧)などで内科医に投薬を受けていても症状が安定していれば可能です。
【インプラントのページへ】
   
 
治療費は税金の控除の対象になりますか?
 
歯がなくなった状態は、咀嚼障害・機能不全・不正 合という病気に該当します。当然治療費は医療費控除の対象となり、所得税が還付されます。
【インプラントのページへ】
   


 
歯にこびりついたタバコのヤニは落ちますか?
 
タバコのヤニや、コーヒーなどの色素が沈着してしまった汚れは驚くほどきれいになります。
【ホワイトニングのページへ】
   
 
ホワイトニングは、歯を溶かして白くするのですか?
 
違います。ホワイトニングは歯を漂白するもので、歯へのダメージはありません。
【ホワイトニングのページへ】
   
 
ホワイトニングで白くなった歯はいつまで持ちますか?
 
オフィスホワイトニングにするかホームホワイトニングにするかにもよりますが、半年くらいは白さを維持できます。コーヒーやワインなどを飲まれる方は、戻りが速くなります。
【ホワイトニングのページへ】
   
 
妊娠中でもホワイトニングはできますか?
 
薬剤の成分は、オキシドールと同様のものなので、妊娠中にホワイトニングしても問題はありません。
【ホワイトニングのページへ】
   
 
ホワイトニングって痛いんですか
 
ホワイトニングの特徴は削ることなく歯を白くできることです。したがって一般的な虫歯治療のような痛みを感じることはありません。
【ホワイトニングのページへ】
   


 
何歳まで矯正できるのですか?
 
歯は何歳になっても動きますから、基本的には年齢に上限はありません。矯正歯科医院へは60歳を過ぎた人も矯正にきていますし、アメリカではそれくらいのお歳の人の矯正はごく普通に行われています。治療期間も、若い人と殆ど変わることはありませんが、治療のゴールは若い人と年輩の人とではおのずと変わってきます。
【矯正のページへ】
   
 
歯列矯正は何歳から始めたらいいのでしょうか?
 
歯の矯正は、基本的には永久歯が生えそろう12歳ころから始めます。しかし乳幼児期から明らかな 合異常があったり、成長、発育に悪影響を及ぼす危険性のある場合は、骨の成長が終わらない10歳ころまでに第一段階の矯正をしておきます。その後、中学に入るころに歯並びを治せば、卒業するまでに健康で美しい歯並びが完成しています。
【矯正のページへ】
   
 
治療前に説明をきちんとしてもらえるのでしょうか?
 
初診のときにその人の歯の状態を調べ、どのように治していくのか治療方法を説明し、できあがりがどんなふうになるのか、なるべく具体的にご説明します。また、治療はある程度の期間が必要になりますから、患者さんと医師とのあいだに信頼関係がないとつづけられません。患者さんとのコミュニケーションを大事にし、インフォームドコンセント(説明と同意)はしっかりとっていきます。
【矯正のページへ】
   
 
歯列矯正の治療は痛いのでしょうか?
 
痛みには個人差がありますが、一般的には矯正装置をつけたばかりの2〜3日は、うずくような痛みがあります。これは歯に力が加わり、少しずつ動いているからです。でも、歯がしみるような神経性の痛みではありません。また、矯正器具の違和感になれるのにも、1週間程度の時間は必要でしょう。矯正装置は4〜6週間ごとに調整しますが、そのたびに多少の痛みはあります。痛みといっても耐えがたいほどひどいものではないので、そんなに心配されることはありません。
【矯正のページへ】
   
 
矯正治療に保険はききますか?
 
基本的には、矯正治療は保険の対象外です。ただし成人でも、口腔外科で手術を受ける前提の矯正なら、保険が認められます。たとえばかみ合わせが上下逆になった「下顎前突症(受け口)」と診断され、顎骨の切除手術を受ける場合、手術の前にあらかじめ術前矯正をします。この術前矯正には保険が適用される場合もあります。保険の適用は治療によって異なることがありますから、ご相談ください。
【矯正のページへ】
   
 
 
 
           
 
歯科・歯医者への相談・検索
「歯のねっと」
歯科・歯医者への相談・検索「歯のねっと」
   
■標榜科目
 歯科/小児歯科/矯正歯科
■治療科目
 一般歯科/インプラント/矯正歯科/審美/ホワイトニング/予防歯科
■治療方針
 歯を抜かない、削らない治療を目指しています。保険診療を中心とし、
 ご要望があれば、自費診療にも対応できる最新設備を整えています。
 
           
       
Copyright(c) TEN NICHI Dental Clinic All Right Reserved.